血液検査で調べる病気の種類って?

健康的に長生きするための血液検査の利用法

自己の健康管理

「癌の最大の原因要素は長寿である」という話を聞いたことがあります。
平均寿命が延びる中、健康で長生きをしたいという願望が高まり、健康に対する関心が増加しています。

テレビ番組などでも、健康に関する話題のものは多く、毎週というよりは毎日のように番組が組まれています。
特に健康的な食事・食品といった企画のものが多いわけですが、これは単純に興味を引く身近な話題であるだけでなく、多くのことが解明されてきたこと、またその発見などが日進月歩であるために、話題が尽きないということもあるかと思います。

健康に関心を寄せるということは、自然でありまた正しい流れであると思います。
個人が健康を願うことはもちろん、社会としても健康な人の比率が高いことは大切なことで、従業員の健康を心配したり、住民の健康を心配することは理にかなったことといえましよう。
とはいえ、人は健康であれば、あまり健康に気を使わないというところもあります。そこで重い病気にならないように、多額の医療費がかからないために、ある程度強制的に体調をチェックすることが必要とされ、企業や地域などで個人負担のない形で健康診断が行われるようになったのではないかと思われます。

健康診断の中身というのは、かなり多くのメニューがあるようで、医療機関のホームページなどを覗いてみますと、20くらいの項目に分かれていました。
それらの項目について、特に血液検査について重点的にみていき、できることとは何かについても考えてみたいと思います。

TOPへ戻る