Skip to content →

十二支!「12」という数字に意味はあるのか?来年は数えて11番目の干支だワン!

健康に自信がある人でも、身体の内側に細菌が入り込んじゃうと、免疫力が想像以上に下がります。生来身体がひ弱かった人は、必ずうがいなどを意識してください。

自律神経とは、ご自分の思いに捉われることなく、オートマティックに身体全体の働きを一定に保持する神経で、「自律神経失調症」というのは、その機能が悪化する病気なのです。

発見のタイミングが遅れるほど、死亡率が高まる肺がんの第一の危険要因はタバコで、煙草を好む人が肺がんに罹患してしまう危険度は、タバコとは無縁の人と比較して20倍近くと言われているようです。

バセドウ病の治療をしている方の90%程が女の人で、50歳前後の人に頻繁に現れる病気だということと、手足が冷えたりすることから、更年期障害で間違いないと判定されることが多々ある病気だと聞きます。

甲状腺にまつわる疾病は、男女の罹患率が全く違うという特徴があり、女の人からすれば、バセドウ病などは男の人の5倍にも達するそうです。そんな訳で、甲状腺眼症という疾病も女性が日頃からケアしていきたい疾病だと言えます。

腎臓病と言うのは、尿細管又は腎臓の糸球体が障害を起こすことで、腎臓の機能が劣化する病気であります。腎臓病には色んな種類があって、当然素因や病状に差があります。

糖尿病が要因となって高血糖状態から脱出できないという方は、急いでちゃんとした血糖コントロールをスタートすることがマストです。血糖値が正常値に戻れば、糖分も尿から排出されたりしなくなります。

毎日のように笑顔でい続けることは、健康でいるためにも役立ちます。ストレスの解消のみならず、病気の治癒にも一役買うなど、笑うことにはあなたが知り得ない効果が盛りだくさんです。

蓄膿症の方は、直ぐに専門に出掛けることが必要です。治療は長期に及ぶものではないので、粘っこい鼻水が見受けられる等、これまでとは違うと感じた場合は、一刻も早く病院に行った方が良いです。

今更ですが、「ホメオスタシス」が的確にその力を出さないことだってあり得るのです。そんな場面で、体調維持を援護したり、原因をなくすことを目的に、薬品類を投与するのです。

肺や心臓などに決定的な不調が見受けられない時でも、胸痛が出ることがあり、胸痛は命に関わるという恐怖心から、輪をかけて症状が強く出ることがあるらしいです。

唐突に足の親指などを含んだ関節が炎症を起こして、激しい痛みに見舞われる痛風は、男性の皆様が罹ることの多い病気だと聞きます。発作が起きると、しばしの間歩くこともできないほどの痛みが継続するそうですからたまりません。

飲む薬がナチュラルに具えている習性や、患者さんそのものの体質が影響して、正常に使っても副作用に悩まされる事だってあるのです。それから、思いもしない副作用が出てしまうこともあるわけです。

痒みが起きる疾病は、多種多様にあると聞いています。掻いてしまうと痒みが増しますので、可能な限り掻かないようにして、直ぐにでも病院に出掛けてケアしてもらうことです。

鼻で呼吸ができないという症状が続いていないでしょうか?軽視していたりすると、悪くなって合併症が起きることも想定されます。該当するような症状が出た場合は、クリニックなどで受診してください。

最近気になったのが「12」という数字についてです。干支は12種類の動物からなっていて、星座も12種類の星座からなっていますね。

時間も12時間1回りだし、1年も12ヶ月で、12という数字ばかりだなとふと思いました。来年は、十二支の中の11番目に数えられる戌年になります

再来年で1回り終わって、東京オリンピックの年が1番目に数えられる子年になるんですね。なんだかキリがいいですね。

色んな年賀状を作ってくれるサイトがネット上でもいっぱいありますね。年賀状もネットで作る時代になったのか…便利で楽ですけどね。ネット注文で作ってくれるサイトを比較したブログ記事を見つけました→→来年の干支は…戌(いぬ)!年賀状を思い出したら今年はラクに作ろう♪

Published in Uncategorized

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です