健康に関する社会の意識

そもそも基準値とは何なのか

血液検査にある基準値というのは、健康な人のデータを基に、その最低値・最高値の2.5%ずつを取り除いた値、95%の上限と下限をとったものです。
したがって、健康な人でも100人のうちの5人は基準値に入らない人がいるということになります。

基準値の境界あたりにあれば、健康である場合も治療を要する場合もありうるわけです。
検査結果は診断と治療の指針を明らかにするものであって、単体でなく、全体を医師が総合的に判断するためのものです。
血液検査に限らず、このようなデータは個人差があるものですし、その時の調子、飲食、運動などの影響を受けますので、医師の判断が「問題なし」であるのなら、一つの数値にあまりとらわれない方がよいでしょう。

自身の基準を知っておくことの方が大事

元来が幅のある、個人差のある基準値と比較するよりも、過去の自分の検査結果と比較することの方が有効です。ですから、定期的に健康診断を受け、そのデータを棄てずに保管しておくことをお勧めします。
医者にかかる場合であっても、このことは有効ですし、別の医師に診てもらう場合でも参考になります。

血液検査に限らず、自分の体調を管理するためにも、いろいろなデータを保管しておくことはいいことです。
生活習慣病は日々のちょっとした傾向が積み重なることで、身体に異常をきたすことになります。
データを管理したり、自身でチェックできるものを継続することで意識が変わります。まず、心がけることは、良い生活習慣を身に着けるため自身の体調に興味を持つことではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る